2009.10.20.
第181回ランバス演奏会 リコーダーアンサンブル REAL

第181回ランバス演奏会

Lambuth Chapel Concert

リコーダー・アンサンブル
Real
 

   
演奏曲目
パヴァーヌ”Proravit”、ガリアルド”Sic Sempar Soleo/ ホルボーン
コンチェルト in C/ J.S.バッハ
Trio(op.87)より/ L.v.ベートーヴェン
Sonata a3 Tanto tempo hormai/ F.トゥリーニ
ガリバー組曲/ テレマン    ほか


“Real”(レアール)について
本学応援団総部吹奏楽部の卒業生が中心になって1997年に結成されたアンサンブルです。
バロックヴァイオリン、チェロ、フルート、パンフルート、パイプオルガン、チェンバロ等多彩な編成で様々な時代、様々なジャンルの音楽に取り組んでいます。今回はプロの演奏家、平井誠さん(ヴァイオリン)、稲冨友有子さん(ヴァイオリン)、瀬尾千絵さん(パイプオルガン)を迎え幅広いレパートリーを披露いたします。

2009年11月10日(火) 午後5時30分開演
関西学院ランバス記念礼拝堂(西宮上ケ原)
 <入場無料>

主催:関西学院宗教センター 
0798(54)6018