2006.11.08.
第170回ランバス演奏会

第170回ランバス演奏会

Lambuth Chapel Concert

キャロル & パーセル

愛は甦る、天使ガブリエル、東国の三人の王、つかの間の音楽、ほか

恒例になりました平井満美子さん(ソプラノ)と佐野健二さん(ギター・リュート)によるデュオコンサート。チャペルに響く美しい調べをお楽しみ下さい。

<入場無料>
日 時: 2006年12月5日(火)17:00~
場 所: ランバス記念礼拝堂(西宮上ケ原キャンパス)

●平井満美子 Mamiko Hirai
神戸女学院大学音楽学部声楽科卒業。卒業後、古楽の演奏に興味を移し研究を始め、E.カークビー、J.キャッシュ、C.ボットらに学ぶ。現在、ルネサンスよりバロックを中心に、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ドイツの幅広いレパートリーを持つ、数少ない古楽の歌い手として活動している。多くのコンサートと録音を行い、その演奏は新聞、音楽誌等にて常に高く評価されている。現在までに発売された佐野健二とのデュオCD6点全ては雑誌「レコード芸術」の推薦盤に選ばれ、デュオリサイタルに対しては「大阪文化祭本賞」を受賞している。

●佐野健二 Kenji Sano
英国・ギルドホール音楽院首席卒業。ギターを岡本一郎、H.クワイン、B.オー、J.ブリームの各氏、リュートをA.ルーリー、N.ノース、J.リンドベルイの各氏に師事。演奏活動に対し、「ジョン・クリフォード・ペティカン賞」「ロンドン芸術協会選出1978年度新人音楽家」「大阪文化祭奨励賞」「音楽クリティック・クラブ新人賞」「神戸灘ライオンズクラブ音楽賞」「大阪文化祭賞」(二回)を受ける。現在、ルネサンス、バロック期の撥弦楽器を中心に、独奏・伴奏・通奏低音奏者として演奏、録音活動を行っているが、そのレパートリーは民族音楽より現代音楽にまで及んでいる。相愛大学非常勤講師。

↓アーリーミュージックカンパニーのホームページはこちら

http://www.emclute.com/外部サイトへのリンク