2009.05.01.
2010年度帰国生徒対象入学試験 社会学部・商学部 出願資格一部変更について

2010年度入試(2010年4月入学)より、社会学部および商学部の帰国生徒対象入学試験の出願資格の一部(TOEFLに関する部分)を次のとおり変更します。変更点の詳細は次のとおりです。

<社会学部変更点>
出願資格からTOEFLの要件を撤廃し、英語筆記試験を実施する。ただし、TOEFL-iBT79点(PBT550点)以上、またはIELTS6.5以上であれば、英語筆記試験を免除する。TOEFLまたはIELTSは出願日の2年以内に受験したものを有効とする。

<商学部変更点>
TOEFLまたはIELTSを必ず受験し、TOEFL-iBT68点(PBT520点)以上、またはIELTS5.5以上であることを出願要件に加える。TOEFLまたはIELTSは出願日の2年以内に受験したものを有効とする。英語筆記試験は実施しない。

2010年度帰国生徒対象入学試験の概要は6月上旬にホームページに掲載します。あわせて要項・願書も6月上旬に頒布予定です。なお、2010年4月開設予定の国際学部の要項・願書は7月中旬に頒布予定です。