2008.01.10.
関学生が福男に!

新年早々関学にとってもめでたいニュースが飛び込んで来ました。
本えびすの10日早朝、「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で、恒例の「開門神事福男選び」が行われ、例年より500人ほど多い約2500人が、「一番福」を目指して本殿までの参道約230メートルを駆け抜けました。
 3着までが「福男」に認定されるこの伝統行事において、一番福を獲得したのは、本学3年生、栄(さかえ)悠樹さん(20)。陸上部では四百メートル障害の選手。本人はもちろんですが、関学にとっても嬉しいニュース。受験生のみなさんにもその福に続いていただければと願われます。
なお、本学入試部職員の中には、みなさんの合格祈願のため、西宮神社に手を合わしているメンバーもいるとのこと。最後まであきらめずに頑張ってください。