2006.06.15.
関学生のキャンパスライフ VOL.11 体育会学生本部編集部「関学スポーツ」

2005/08/02


今回は社会学部社会学科4年生の工藤みゆきさん(北野高校出身)にインタビューしました。工藤さんは体育会学生本部編集部で「関学スポーツ」という新聞を作成しています。







Q.関学を志望校に決めたのはいつ頃ですか?

高校3年生の時にオープンキャンパスに参加してキャンパスに一目惚れ。さらに、社会学部社会学科にマスコミを勉強するコースがあるのを知り関学に決めました。




Q.ゼミではどんな研究をしていますか?

メディア文化コースを選択しています。このコースは情報化社会におけるメディアやコミュニケーションの役割などを研究する分野です。現在難波先生のゼミに所属しているのですが、先生は元博報堂の社員。教科書にのっていない現場の生の情報が得られるのでとても興味深いです。それに、学生の勉強したい!という分野を何でも自由にさせてくれるのでとても楽しく、卒業論文は「スポーツの発展におけるマスコミの役割」のようなテーマで書こうかと思案中です。




Q.体育会学生本部編集部ってどんな雰囲気ですか?

私は2年生から編集部に入りました。現在約40人いる編集部は、先輩・後輩みんなとても仲良くアットホームなクラブです。それぞれ担当のクラブを持ち、そのクラブを中心に取材を重ね記事を書き上げていきます。私はアメリカンフットボール部・バレーボール部・バトミントン部担当です。何度も取材を重ねていくうちに選手とも親しくなれました。クラブに入ってからは、交友関係がすごく広がりました。




Q.就職活動はどうでしたか?

自分でマスコミ関係の会社のインターンに応募。3社かけもちでしたこともありました。マスコミを中心に就職活動を続け、リクルートに総合職で内定をもらうことができました。リクルートでは人の人生に関わるような仕事をしていきたいと思っています。




Q.受験生に一言

大学生活が充実するかしないかは自分の選択にかかっています。またその選択をする余裕があるのも大学ならでは。関学の学生はみんな好奇心旺盛な人ばかりです。いい仲間をみつけてがんばってください。