関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 入試課 > 2006年のニュース > 関学生のキャンパスライフVol.5 アメリカンフットボール部“Fighters”

関学生のキャンパスライフVol.5 アメリカンフットボール部“Fighters”

[ 編集者:入試課  2006年7月30日 更新  ]

関学生のキャンパスライフVol.5 アメリカンフットボール部“Fighters”


 今回は、商学部4年生の松本 喬行君をインタビューしました。松本君は、アメリカンフットボール部で主将として活躍しています。“Fighters”に興味のある方は必読です。

『なぜ、関学を選んだの?』
高校で、アメリカンフットボールをやっていたので、大学でも続けたいと思っていました。そこで、強いチームがある大学の中でどの大学に行くか悩んだのですが、関学は体育会クラブでも、勉強が出来る環境だと聞いたので、将来を考え関西学院大学を志望校と決めました。実際、関学では「文武両道」が基本。どの体育会クラブに所属していても、当然ですが特別扱いはなく勉強もしっかりやっています。

『オススメの授業を紹介してください』
ゼミの先生でもある福井先生の『統計学』がオススメ。ビジネス関係だけでなく、さまざまなアプローチで統計学の利用法等を教えてくれるので面白いです。(また、先生も面白い方で人気があります。)

『アメリカンフットボール部“Fighters”はどんなクラブですか?』
上下関係があまりなく、初心者でもやる気があればスタメンを狙えるフェアーなクラブですね。ただ、逆に上級生になっても気は抜けません。これが、良い緊張感を保て、常に向上心を持っていられる源になっていると思います。また、いろんな高校から良い意味でプライドを持った人が集まって来ているので、このメンバーでできる面白さもあり、みんな“Fighters”の一員であることに誇りを持っています。

『将来の目標は?』
No.1を目指せるスポーツをやりたいと思い、高校でアメリカンフットボール部に入部し、大学でもその気持ちは変わらず、日本一を目指して日々練習に励んでいます。卒業後は、松下電器産業に内定したので、今度は仕事で“世界一”を目指したいです。

『受験生に一言』
大学でもスポーツ続けようと思っている人へ・・・そのスポーツのスキルだけでなく、一人の人間として“成長したい”“評価されたい”と思っているなら、ぜひ関学に来てください。それに応えてくれる大学です。

このページの先頭に戻る