関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 入試課 > 2006年のニュース > 関学生のキャンパスライフ Vol.14  宝塚プロジェクト編 2

関学生のキャンパスライフ Vol.14  宝塚プロジェクト編 2

[ 編集者:入試課  2006年6月15日 更新  ]

関学生のキャンパスライフ Vol.14  宝塚プロジェクト編 2


(3)これらの授業やプロジェクトの中で吉田さんの果たした役割と、プロジェ
クトに対する想いを聞かせてください。

→私はこのプロジェクト内での活動はもちろん、それと同時に「学生運営委員

会」という委員会を立ち上げて活動し始めました。先生方総勢22名が参加して

いる授業ですが、実質2名の中心的な先生が活動なさっています。2名の先生で

は、支えきれないところがありますので、先生方をサポートするということから

始まりました。委員会として活動していくことによって、「産官学民」の「学」

にあたる関西学院大学と「産官民」との円滑な連携を促進することを目的として

学生が自主的に活動している団体となりました。また関西学院大学の都市再生プ

ロジェクトの内部組織の代表機関として学生をサポートし、よりよい活動を行う

ことを目的として活動しているのです。現在では、来年度の授業プランを企画す

るまでにいたっています。




(4) この授業・プロジェクトについて、吉田さん・学生にとって一番いいと思わ

れるところを聞かせてください。

→ここでは、「学生らしさ」が十分に発揮できる場所であると考えています。学

生らしいアイディア、学生だからこそあるパワーなど、学生らしさを前面に活動

できる場所だと思います。企業にはできない、市民にはできないことを思いつ

き、その場の雰囲気で一気に盛り上がって実現にまでもっていく。それが学生の

力だと思います。昨年は、韓国学生を対象とした旅行パックを考案していた学生

班がいました。実際に韓国までマーケティングリサーチするほどでした。これら

の経験は、積極性や責任感を大いに養ってくれると考えています。




(5)ありがとうございました。最後に、吉田くんと同じく様々な興味を持っている

であろう、受験生に、メッセージをお願いします。

→5年後先の自分を想像してみて考えてみてください。受験を乗り越えるための

ポイントは、とにかく自分に負けずに頑張り続けること。先を考えることによっ

て明確な目標ができます。目標に向かって継続して努力すれば、きっと良い結果

へと繋がります。頑張ってくださいね。




※写真は3月19日宝塚市内で行なわれたフォーラムにて、市民にプレゼンテー

ションを行なっている吉田君です

このページの先頭に戻る