感染症への対応について

[ 編集者:教務機構   2021年5月6日 更新  ]

2021年度 基礎疾患等によりオンライン授業を希望する学生の許可申請について

 対面授業の受講に際して、基礎疾患等があり、受講上の配慮を希望する場合は、所定の手続きを経て、所属学部長または研究科長/研究科委員長の許可を得ることにより、オンラインでの授業の受講を認めます。本制度の詳細(制度の概要、配慮の対象となる範囲、申請に必要な書類、申請方法・申請期限、等々)は、添付ファイル「オンライン授業を希望する学生の許可申請」を確認してください。
 ただし、今後の感染状況や感染症の取り扱いの変更により、本取り決めを新型コロナウイルス感染症対策本部において変更・廃止する場合があります。
(在学生用)オンライン授業を希望する学生の許可申請PDFファイル  

(Current Students)Applications for permission to take online classes due to underlying diseases in 2021PDFファイル  

職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド第4版(抜粋)PDFファイル  

高齢者以外で基礎疾患を有する方についてPDFファイル  

感染症への対応について

1.感染症の対応について

1)学校感染症

本学では、「学校において予防すべき感染症」(*)に罹患または罹患した疑いがある場合は、学内感染を予防するため、「学校保健安全法」「学校保健安全法施行規則」により登校停止としていますので、診断を受けた際はただちにMicrosoft Formsで申請してください。以下2.のとおり教務上の配慮を行います。また、新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、所属学部・研究科事務室(全学学生交換協定に基づく交換学生、およびCIEC主催プログラムによる短期留学生の場合はCIEC。以下同様)に電話でも連絡してください。

なお、主治医から登校許可が出たら、「学校感染症・登校許可証明書」を記載してもらい、必ず登校時に所属学部・研究科事務室(CIEC)へ提出してください。
学校感染症・登校許可証明書(2021.3改訂版)PDFファイル  
※新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、療養期間終了時に、本人から保健館(分室)へ電話で連絡してください。保健館(分室)にて「登校許可証明書」を記載します。
【保健館連絡先】(西宮上ケ原キャンパス)0798-54-6035 (神戸三田キャンパス)079-565-9045 (西宮聖和キャンパス)0798-54-6509


(*)「学校において予防すべき感染症」とは、学校保健安全法施行規則第十八条に定める、下記の感染症です。

学校感染症一覧(2021.3改訂版)PDFファイル   

申請方法
Microsoft Formsをクリック して、サインインしてください。
※新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、所属学部・研究科事務室(CIEC)へ電話でも連絡してください。

Microsoft Forms(申請画面)



2)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応期間限定の登校停止

新型コロナウイルス感染症対策により登校停止となる要件に該当する場合、ただちにMicrosoft Formsで申請してください。以下2.のとおり教務上の配慮を行います。なお、新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、上記1)学校感染症 の指示に従ってください。
※COVID-19の指定感染症としての扱い、軽症状者の扱い、検査陽性無症状者の扱いが変更になる等の場合には、以下の内容についても変更になります。

登校停止の対象および登校停止期間
下記リンクを確認してください。

登校停止に関する対応まとめ(COVID-19対応期間限定)PDFファイル   

申請方法
Microsoft Formsをクリック して、サインインしてください。 

Microsoft Forms(申請画面)



登校停止中の健康観察
登校停止期間中は自宅等で滞在し、健康管理表を用いて記録をつけてください。

健康管理表(COVID-19対応)PDFファイル   

登校停止の解除
登校停止期間終了後、登校時には、「学校感染症・登校許可証明書」に代わるものとして、それぞれ該当する(1)~(3)の届出用紙を所属学部・研究科事務室(CIEC)に提出してください。

(1)感冒様症状に関する届
●登校停止理由:
①発熱や風邪症状がある
⑤同居家族などに発熱や風邪症状がある
 ※医療機関の受診は必須ではありません

感冒様症状に関する届PDFファイル   


(2)帰国後健康観察期間終了届
●登校停止理由:
②海外から帰国・入国した
 ※帰国・入国日がわかるものを添付すること

帰国後健康観察期間終了届PDFファイル   


(3)濃厚接触等による健康観察期間終了届
●登校停止理由:
③濃厚接触者として保健所等が自宅待機を指示
④接触確認アプリ「COCOA」で陽性者との接触に関する通知があった
⑥同居家族などがPCR検査等対象者となった
⑦感染者と感染可能期間に接触し、自身の判断等で濃厚接触者に該当すると思われる ※感染可能期間とは発症(または検体採取)2日前以降 

濃厚接触等による健康観察期間終了届


症状悪化時などの対応
途中、症状の悪化等が見られた場合、かかりつけ医や地域の相談窓口に電話で相談し、その指示に従ってください。学校感染症(新型コロナウイルス感染症を含む)と診断された場合は、上記1)学校感染症 の指示に従ってください。


2.教務上の配慮

1)授業・定期試験・集中講義を欠席した場合
【授業を欠席した場合】
当該学期授業最終日までに届出用紙を所属学部・研究科事務室(CIEC)に提出してください。
所属学部・研究科事務室(CIEC)から担当教員に連絡し、下記の配慮を依頼します。
なお、届出がない場合は、登校停止期間が確定できないため、教務上の配慮はできません。

(1)欠席扱いにしないこと
(2)休んでいる間の授業内のレポートに関すること
(3)休んでいる間の小テストに関すること
(4)授業への質問や配布したレジュメに関すること

【定期試験を欠席した場合】
追試験申請締切日内に「学校感染症・登校許可証明書」を添えて追試験願を提出し、所属学部・研究科で承認されれば、
(1)評点を減じない
(2)受験料を免除する 
という条件で追試験を受験することを認めます。

なお、追試験の申込締切日までに登校できない場合は、電話での追試験申込みを認めます。ただし、追試験受験までに書類を提出することを条件とします。
※2020年度秋学期の追試験申請方法については、2021年1月21日(木)10:00に教学Webのお知らせに掲載しますので、そちらを確認してください。

【集中講義を欠席した場合】
当該集中講義の最終日までに届出用紙を所属学部・研究科事務室(CIEC)に提出してください。
所属学部・研究科事務室(CIEC)に連絡し、「学校感染症・登校許可証明書」を提出することで、原則として、履修の中止を認めます。
ただし、実習系科目で履修者と調整し日程変更が可能であるなど、対応が可能な科目は履修中止を認められません。


2)オンライン授業を受講できない期間が14日以上になる場合
 所属学部・研究科事務室(CIEC)および保健館(保健館分室)に電話で連絡してください。

 

保健館HP

保健館「学校感染症について」 関連ページへのリンク

「英語での案内はこちら」

Procedures for dealing with infectious disease関連ページへのリンク