関西学院を創ったひとたち

  • LINEで送る
[ 編集者:吉岡記念館       2012年11月24日 更新  ]

※ このサイトは 学院史編纂室 から資料(以前展示された写真や説明文など)の提供を受けて作成しています。

ランバス, W.R.

Lambuth, Walter Russell Thornton (1854.11.10- 1921.9.26)

ランバス, W.R.

 初代院長。南美以神戸教会(現、神戸栄光教会)初代牧師。南メソヂスト監督教会(MECS)ジャパン・ミッションの創立者J.W.ランバスの息子。父の中国伝道開始の年、上海において誕生。ヴァンダビルト大学で神学と医学を修める。

 1876年、執事に任じられ、ウッドバイン教会の初代スチューデント・パスターを務めた後、翌77年、長老の按手礼を受ける。同年 8月 2日、MECS中国伝道における宣教師の娘であったデイジー・ケリー(Daisy Kelley, 1858.2.24-1923.5.24)と結婚、11月に上海へ渡り、医療伝道を開始。81年一時帰米し、ニューヨーク・ベルビュー大学病院にて東洋医学を研究、同病院より学位取得、翌年上海に帰任。86年11月24日,MECSジャパン・ミッションの総理として神戸へ着任し、南美以神戸教会初代牧師に就任。88年、無一文の中、神戸の地で関西学院創立をめざした。巨額の費用を要する事業だったが、ランバスの祈りが香港上海銀行神戸支店から無担保の融資、またアメリカの銀行家トーマス・ブランチらの献金を呼んで実現する。「祈りを建設的な力とするためには、明確な目標をもった祈りである限り大胆でなければならない」。翌年 9月28日の関西学院創立に伴い初代院長に就任。

 1890年12月16日、妻の病のため離日、本国伝道局において活躍し、1910年、海外ミッション担当の監督に選任される。21年、さらなる世界伝道のためシベリアから中国、朝鮮を回り、 8月末に日本を改めて訪れるが発病し、 9月26日、横浜にて病没する。最後の言葉は "I shall be constantly watching." だった。著書に Winning the World for Christ, 1915, Side Lights of the Orient for Young readers, 1908がある。(『関西学院事典』より一部改編)

吉岡 美國

YOSHIOKA, Yoshikuni (1862.9.26- 1948.2.26)

吉岡美国

 第2代院長。町奉行所属の同心で代々浄土宗の家であった父銕次郎(美種)、母幾久子の長子として京都市に生まれる。幼名を岩三郎。欧学舎の支舎であった英学校でC.ボールドウィンから英語を学び、同時に立成校で和・漢学を学び、両校の合併により創立された京都府中学校の卒業生となった。卒業後、工部寮(工部大学)への進学を希望したが、父の死亡で果たせず、助教諭として母校で5年間務めた。

 1885年、ボールドウィンの紹介で神戸居留地にあった兵庫ニュース社に勤務、邦字新聞の翻訳などに従事。その間、西洋文化の輸入による日本思想・道徳の混乱に心を砕き、西洋文化の根底に横たわるキリスト教に関心を持ち、86年、神戸に着任したばかりのJ.W.ランバス(関西学院創立者W.R.ランバスの父)と出会い、88年3月4日、山2番館の神戸美以教会仮礼拝堂で、長谷基一、坂湛とともに受洗。アメリカ・南メソヂスト監督教会日本宣教部の定住伝道師として神戸美以教会(現, 神戸栄光教会)に任を受けた。

 1889年、関西学院を創立するための原田の土地取得に際して、長谷、坂とともに土地所有者となった。関西学院の創立者W.R.ランバス、幹事中村平三郎らとともに大分で伝道活動を行っていた同年12月31日、S.H.ウエンライトを教師とする大分美以教会の除夜の説教で大分リバイバルを体験した。

 1890年、神学部教授に就任、同年、アメリカ、テネシー州ナッシュヴィルのヴァンダビルト大学神学部に入学し、92年卒業。同年9月に関西学院第2代院長に就任。以来1916年まで院長を務めた(同年、名誉院長)。07年にはアメリカのエモリー・アンド・ヘンリ大学より名誉学位を授与された。

 「高い風格のある武士的東洋的教養にキリスト教的訓育を加えて無言の感化」を与える「慈父」として、「敬神愛人」を唱え、関西学院発展の基礎を固めた。『国民道徳講義草稿』が残されている。(『関西学院事典』より一部改編)

吉岡記念館

別ウィンドウで表示

ニュートン, J.C.C.

Newton, John Caldwell Calhoun (1848.5.25- 1931.11.10)

ニュートン, J.C.C.

 第3代院長。アメリカ・南メソヂスト監督教会宣教師。サウスカロライナ州に生まれる。少年時代、南北戦争では南軍に加わり、1870年、ケンタッキー陸軍士官学校に入学。戦後、志を立てて宣教師になることを決意、74年、南メソヂスト監督教会の牧師となる按手礼を受け、84年までケンタッキー州で牧会に従事、その後2年間ジョーンズ・ホプキンス大学研究科に学ぶ。

 1888年再度来日し、東京のフィランデル・スミス・メソヂスト一致神学校の教授となる。翌年、関西学院創設とともに神学部長また、初代図書館長となる。97年に病のため帰国して療養。健康回復後、4年間ヴァージニアの教区で牧会に専念したが、1903年、関西学院の要請により再来日して神学部長に就任。同年、ウォフォード大学から名誉神学博士号を受けた。16年には関西学院第3代院長に就任し、20年に老齢と健康上の理由から院長を辞任するまでその職責を果たす。退任後も神学部教授として神学教育に従事し、23年に退職。帰国後はスカーレット・カレッジ、南メソジスト大学等で教鞭をとり、説教、講演、著作を続けた。ジョージア州アトランタで死去した。

 2000年度から設けられた大学図書館公募のJ.C.C Newton賞は、初代図書館長J.C.C.ニュートンにちなんで命名されたものである。(大学図書館ウェブサイトへ)

 "I want to go to heaven through Kwansei Gakuin."
-第3代院長J.C.C.ニュートンは関西学院が原田の森に創設されたとき神学部長として赴任した。自宅はいつも学生らに解放され、”神のような生活と精神を傾けた教育”で学生を感化した。日本メソヂスト監督教会の初代日本人監督となった鵜崎庚午郎や釘宮辰生もニュートンによって育てられた。(『関西学院事典』より一部改編)

ベーツ, C.J.L.

Bates, Cornelius John Lighthall (1877.5.26- 1963.12.23)

ベーツ, C.J.L.

 カナダ・メソヂスト教会宣教師。第4代院長。カナダのオンタリオ州に生まれる。マギル大学で学んだ後、1901年にクイーンズ大学卒業。のちトロント大学、イェール大学等に学び、18年、モントリオールのウエスレアン神学校から神学博士号を受ける。02年、東洋伝道への献身を決意して来日。主として東京と甲府の教会における宣教活動に従事した。

 カナダ・メソヂスト教会が関西学院の共同経営に参与した1910年、関西学院に赴任。2年後、新設の高等学部長となり、さらに3年後には文科長を兼務。

 20年に関西学院第4代院長に就任する。すでに高等学部長の時に、「私達が主たらんと欲する真の意味は、自分の一個の富を求めるためではなくて、それによって世に仕えるためなのである」という "Our College Motto"として提唱した"Mastery for Service"が、院長就任とともに、学院全体のスクール・モットーとなる。

 院長として20年間にわたり関西学院発展のために尽力し、学院の礎を築いた。その間、本郷中央会堂で知り合っていたキリスト者の学者、小山東助、佐藤清、河上丈太郎、新明正道らを招いて関西学院の学問レベルの向上に務める。また学院の悲願であった大学昇格に際しては、渡米して連合教育委員会およびアメリカ・カナダ両国伝道局の承諾を得、32年に大学開設を果たした。34年には初代学長を兼務。太平洋戦争直前の40年に院長・学長を辞任し、"Keep this holy fire burning"という言葉を遺して帰国。59年には関西学院大学より名誉博士号(第1号)が贈られる。トロントで病没した。(『関西学院事典』より一部改編)

"Thus Spoke Bates"

関連ページへのリンク

神崎 驥一

KANZAKI, Kiichi (1884.8.10- 1959.4.16)

神崎驥一

 第5代院長、第2代学長。東京麹町に生まれる。1901年、関西学院普通学部を卒業、しばらく英語専修科に在学した後、カリフォルニア大学に留学。同大学院に進学、歴史学と政治学を学んだ後、在米日本人会書記長に就任。吉岡美国第2代院長の娘婿となり、21年、高等学部が2学部に分離するに当たり、高等商業学部長就任のために帰国。その後、前年就任した第4代C.J.L.ベーツ院長が第2次世界大戦前夜に離日するまで、関西学院の上ケ原移転、大学設立という大事業敢行の片腕として、院長を補佐した。大学開設にともない、大学商経学部長を兼任、高等商業学部、大学の教授でもあったが、主に学校行政に終始尽力した。ベーツ院長の離日後、40年から50年の10年間、第5代院長を務め、一時期、大学長、専門学校長も兼ねて、戦中、戦後の混乱期の関西学院の舵取りをした。

 戦後、学院民主化の波から退陣を決意したが、理事会の強い要請で学院民主化の推進にもあたった。戦時中の権限集中体制を解き、学長、専門学校長から離れ、それぞれの公選制に道を開き、院長公選、学校法人への移行に道をつけて、1950年、院長を定年によって退職した。

 また神崎はミッション・スクールの代表として教育改革にも関わり、専門学校の新制度としてジュニア・カレッジ構想を示し、短期大学の設立に寄与した。その他、大学設置委員会常任委員、大学基準協会、私立学校連盟、基督教教育同盟会、内外協力会の各理事を務めた。

 学院退職後、帝塚山学院長に就任、大阪市教育委員長も務めた。1959年に関西学院大学から名誉博士号を受けた。(『関西学院事典』より)