校歌「空の翼」

  • LINEで送る
[ 編集者:関西学院大学       2007年11月13日 更新  ]

校歌「空の翼」

校歌「空の翼」は1933年に、前年の大学昇格を記念して北原白秋作詞のもと、同窓の山田耕筰が作曲しました。それ以前の1900年頃に歌われていたのは、「Old Kwansei」。

このほかに、創立50周年を記念して1939年に作られたのが、”第二校歌”と呼ばれる「緑濃き甲山」。また、1949年に創立60周年を記念して作られたのが、「A Song for Kwansei」です。

空の翼

北原白秋 作詞
山田耕筰 作曲

1.風に思う空の翼 
  輝く自由 Mastery for Service
  清明ここに道あり我が丘
  関西 関西 関西 関西学院
  ポプラは羽ばたくいざ響け我等
  風 光 力 若きは力ぞ
  いざ いざ いざ 上ヶ原ふるえ
  いざいざ いざ いざ上ヶ原ふるえ

2.眉にかざす聖き甲
  萌えたつ緑 Mastery for Service
  躍々更に朗らよ我が自治
  関西 関西 関西 関西学院
   (以下繰り返し)

3.旗は勇む武庫の平野 
  遙けし理想 Mastery for Service
  新月ここに冴えたり我が士気
  関西 関西 関西 関西学院
   (以下繰り返し)

JASRAC表示

 関西学院には校歌が数曲あるが、その代表的なものが「空の翼」(1933年作詞・作曲)である。本学中学部出身の山田耕筰氏が作曲を担当し、作詞は友人の北原白秋氏。のびやかな自然のなかで理想を追求して躍動する若者たちの姿が生き生きと歌われている。(上記の歌詞は、現代仮名遣いに改めたものです。)

JASRAC許諾番号:E0405101334

*校歌「空の翼」を聴く

その他のファイル [ 2.17MB ]