聖和短期大学 OPEN CAMPUS AO入試ガイド 聖和キャンパス図書館 聖和短期大学 所蔵図書・資料書誌検索 おもちゃとえほんのへや 所蔵図書・資料書誌検索 情報の公表 公的研究費の不正防止に関する取組 自己点検・評価関連
聖和短期大学の理念
受け継がれてきた使命です。

建学の精神・教育理念

関西学院の建学の精神であるキリスト教主義に基づき、聖和短期大学は神がわたしたち一人ひとりを愛してくださっていることを知り、イエス・キリストが示された生き方にならって、他者-特に幼い者や社会的に弱くされた者たち-に仕える働き人を養成するために建てられています。そして、この建学の精神を、All for Christ「キリストに心を向けて」や、Seiwa College for Christian Workers「キリストの働き人を育てる聖和」という言葉で表してきました。

また、ここに集う一人ひとりの全人的で調和のとれた成熟のために、3つのH-Head:真理の探求、Heart:自分を愛し人を愛する心、Hand:奉仕と実践―を大切にすることを教育理念としています。

教育目標(学則)

「キリスト教主義に基づく豊かな人間性、保育に関する専門的知識と実践力を兼ね備え、
子どもの最善の利益に貢献できる保育者の育成」(学則第1条第2項)



 保育科は、保育者養成における130年余の伝統と多くの先達の情熱を受け継ぎ、専門職として乳幼児の保育に携わる者を幼稚園、保育所、児童福祉施設などに送り出してきました。そして今も多くの卒業生が全国各地および世界で活躍し、高い評価を得ています。
 今日、乳幼児期における保育と教育の重要性がますます高まり、保育が多様化するなか、豊かな人間性、専門性、実践力を兼ね備えた保育の専門家が求められています。本学科は、キリスト教精神に基づく豊かな人間性をもち、このような社会のニーズに応えることのできる保育者の育成をめざして教育・研究活動を行っています。
 本学では、ほとんどの学生が幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を取得し、幼稚園、保育所などに就職するため、2年間のカリキュラムは、講義による専門的知識の習得はもちろんのこと、実習や演習科目など実践的な学びの経験を重視し、保育の場で真に活躍できる専門性と実践力を身につけることができるように編成されています。また、学生一人ひとりの個性や感性、人間性が豊かに育まれるような環境づくりに努め、少人数クラスでの授業やアドバイザー制度などによるきめ細やかな指導やサポートを大切にしています。

◎取得学位
 
 短期大学士(保育学)

◎取得資格

 幼稚園教諭二種免許状
 保育士資格
 社会福祉主事任用資格
 児童厚生二級指導員資格
 認定ベビーシッター資格

学章の意味

聖和短期大学の学章は、その前身のひとつである広島女学校保育師範科の徽章に起源をもっています。円に内接する三角形はHead、Heart、Handの調和的開発を象徴しています。

めざす人間像・めざす短期大学像
クリックで拡大画像を表示
めざす人間像・めざす短期大学像

めざす学生像

 “Mastery for Service”を体現する世界市民をめざし、キリスト教主義をとおして、世界への視野、幅広い知識、保育に関する深い専門性と実践力、豊かな人間性と自らを律する強さと主体性を身につけ、多様性への理解を深め、子どもの最善の利益に貢献するために、他者、特に幼い者や社会的弱者への深い愛と共感をもって、隣人・社会・世界に奉仕する学生。

ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシー
ディプロマポリシー(学位授与の方針)

 本学は、キリスト教主義に基づき「他者-特に幼い者や社会的に弱くされた者たち-に仕える」働き人を養成する学校としての長い歴史と伝統を受け継ぎ、次のような力を備え、隣人・社会・世界に奉仕する人を育成します。
 1.保育に関する豊かな専門的知識と理解力を備えている。
 2.学んだ知識や技術を活用できる確かな実践力を身につけている。
 3.他者、特に幼い者や社会的弱者を愛し、共感する力を備えている。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 1.保育実践の基礎となる人間観、子ども観、教育・保育観を学ぶとともに、子どもの成長を援助するために必要な知識、方
   法、技術の総合的な理解、習得をめざす。
 2.実習を重視し、事前事後指導を充実して実践力の向上をはかる。
 3.キリスト教主義教育をとおして人格の完成をめざし、修得した知識や実践力を活かして隣人、社会、世界に奉仕する力を
   育てる。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

 1.本学の教育理念を理解し、尊重する人
 2.保育に関する専門的知識と実践力を身につけるために自ら意欲的に学び、キリスト教精神に基づく豊かな人間性を養うこ
   とに努力をする人
 3.世界の子どもの幸せのために貢献する意欲をもつ人

教育研究目標

1.保育に関する専門的な知識や技術を教授し、保育者として高い資質・能力を育む。
2.保育に関する研究成果を発信するとともに社会に還元し、保育界、地域社会との連携を強化する。
3.一人一人の学生の夢の実現に向けて、学生支援を強化する。