人間福祉学部での学び

 人間福祉学部には、「社会福祉学科」「社会起業学科」「人間科学科」の3つの学科があり、3学科が連携し、「人への思いやり(compassion)」「幅広い視野(comprehensiveness)「高度な問題解決能力(competence)」の「3つのC」を育む教育を推進しています。

 人間福祉学部での学びの一番の特色は、講義によって得た知識や技術、考え方を社会のあらゆる場面で活かせるように、キャンパスを出て、実社会を経験することで、実践的な能力を身につける「実践教育」です。
 人間福祉学部では2008年の開設当初より、社会で必要とされる実践力を重視し、福祉・医療、国際NGO、NPO、企業、自治体、教育、スポーツ関連など200か所以上の国内外の機関と連携し、実習やフィールドワーク、インターンシップ等の「実践教育」を実施しており、福祉分野のみならず、地域社会や国際社会の多様な領域に多くの卒業生を送り出してきました。
 みなさんも人間福祉学部での実りある学びを通して、社会で活躍できる実践力をぜひ身につけてください。

このページのインデックス