フィールド調査から学ぶ開発経済学とカンボジアの現状-栗田匡相ゼミ(研究演習Ⅰ)-

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2012年9月28日   更新  ]

集合写真

開発経済学を学ぶ栗田匡相ゼミでは、毎年3年生次に途上国の実情を学ぶためにアジアの国々を訪れ、農村でのフィールド調査を実施しています。2012年度も「日本学生支援機構の留学生交流支援制度(ショートステイ、ショートビジット)プログラム」の助成を受け、2012年8月3日~15日の間、カンボジアのコンポントム州などで、貧困状態や健康状態、労働移動などに関する農村調査を実施しました。

プログラム名は「フィールド調査から学ぶ開発経済学とカンボジアの現状」。農村での調査結果は、現地のアンコール大学の学生や教職員との交流や議論を交わすことで、精度の高い研究となりました。また、今年11月にはアンコール大学の学生を関学に招待し研究会を実施します。こうした一連の調査や研究、国際交流に学生たちが主体的に参加することで、国際的な視野と高い分析能力を持った高度な人材育成を目指しています。

このページでは、栗田ゼミの学生たちがカンボジアでの生活の中で感じたことなどをまとめたレポートの内容を抜粋して掲載しています。学生たちが現地で撮影した写真も掲載しています。ぜひご覧ください。

※ レポートの最後に記載されているのはゼミ内でのニックネームです。
※ このコンテンツは6ページで構成されています。

はじめに 【担当教員・栗田匡相より御礼のメッセージ】

今回の調査では、実にたくさんの方々に多大な支援をいただいた。とりわけ特定非営利活動法人ピープルズホープジャパンの久米さん、ソルンナさん、武長さん、石関さんには、お忙しい中、調査全体のアレンジメント等に関して全面的なサポートを賜った。また、Angkor Universityの松岡先生には調査中のカンボジア人学生の指導やAngkor Universityでの報告会のアレンジなど、多方面で支援を賜った。Caritas Cambodiaのスタッフのみなさん、療養施設でHIV/AIDSとともに生きているみなさんは我々の急な訪問の申し出にもかかわらず、いやな顔一つせず、あたたかく対応してくださった。プノンペンの経済特区訪問に際しては、上松マネージャーに多忙なスケジュールの中、お時間を割いていただき、貴重なお話をたくさん伺うことが出来た。そして、調査にご協力いただいたカンボジアコンポントム州のティポー、スレスロモー、トウルポプレア、チュホック村の皆さんは、異国の地から来た我々をとてもあたたかく迎え入れてくれた。この全ての支援、ご恩に心からの感謝を申し上げたい。

渡航前、不安などはありましたか。またそれは解消されましたか。

移動中


◆他のゼミメンバーとは違い、カンボジア入国前にベトナムに立ち寄りました。ベトナムからカンボジアに入国する経路は陸路です。事前に予約をしていたわけでもなかったので、多少の不安がありました。実際にはホーチミンからプノンペンまでバスに乗って国境を超えましたが、大したトラブルもなくスムーズに出入国ができました。トラブルがなかったとはいえ、1人で行動していたため、常に緊張感を持っていました。その後、ゼミのメンバーに会った時はホッとした自分がいました。(どい)

◆現地集合・現地解散ということもあり、ひとりでカンボジアまで着けるのかという不安がありました。中国の航空会社で航空券を取りました。まわりは中国人ばかりで、風習やマナーが違うため戸惑いもありましたが、自力でカンボジアにたどり着くことができました。移動だけでもひとりで行動することで少し自信が持てました。この現地集合・現地解散には、そういった栗田先生の意図があったのだと思いました。(アッキー)

◆海外にはこれまで家族と何度か行っていて、不安を感じることはありませんでした。しかし、今回は、発展途上国であることに加え、滞在する場所も都市部ではなかったため、衛生面での問題が一番気がかりでした。また、食事や気候に関しても多少の不安がありました。滞在した約2週間は、現地の水は飲まずに、ミネラルウォーターを使って歯磨きや洗顔、また、食事では火を通してあるものを食べるようにしました。気温も高いため、こまめな水分補給も心がけました。また、衛星面では、渡航前にA型肝炎・破傷風・狂犬病・日本脳炎のワクチンを打っていたので、万全な状態でした。マラリアやデング熱に対しては、蚊に刺されないように長袖や虫よけスプレーなどで対策し、結果的に現地では何も問題は起こらず、いつのまにかに不安も解消されていました。(ゆっきー)

カンボジアにて

※ 次のページをご覧ください。[1/6]