経済学部長メッセージ
~経済学部を目指す皆さんへ~ 
Message from the Dean -To applicants to the School of Economics-

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2016年9月6日   更新  ]

「経済学を通じて人生の勉強を」

田中敦済学部長

経済学部長 田中 敦
Atushi Tanaka, Dean of the School of Economics

 皆さんは経済学にどんなイメージを持っていますか? 経済学は理論や統計を扱うので、抽象的なところがあります。しかし、抽象的だからこそ、複雑な現実の問題をシンプルに抽象化し、本当に解決すべきポイントを探し当てられるという面があります。
 私が、関西学院大学経済学部で身につけてほしいと思っているのは、そのような本当の問題解決につながるものの見方です。皆さんのライフデザインを考えても、抽象化して考える習慣をもっていればさまざまな選択肢のなかから自分に大切な点はどれかを発見する方法を見つけられます。大学では、皆さんの人生設計にプラスになるさまざまなプログラムや設備、しくみを用意していますから、それらを大いに活用し、自分にとって幸福な人生を歩む最良の方法を探して欲しいと思います。
 なかでも、皆さんにいちばん大きな考える力を提供するしくみはゼミナールでしょう。ここでは、先生方のもとで仲間と触れ合うことで、経済の各分野の専門的な勉強を行うだけでなく、皆さんの将来を実り豊かにするための、いわば人生の勉強を行うことができます。もちろん就職活動についても、経済学部がこれまでの歴史と伝統のなかで培ってきた企業や卒業生とのネットワークを活用して応援します。
 大学で何を学ぶか、何を得るか。それはすべて皆さんの自由です。自分の興味の赴くままに、情報のアンテナをさまざまな方向に張り巡らせ、さまざまな人々と出会い、思い切り学ぶことの楽しさを満喫してください。あなたの人生のひとときをこの学部で精一杯生きてください。この学部で喜びに満ちた日々を送ったならば、あなたのその後の人生もきっといきいきと輝き続けると信じています。
 このキャンパスでともに考え、語り合い、喜びを分かちあいましょう。
 私たちは、その日を楽しみに待っています。