西脇市の片山象三市長が講演

[ 編集者:広報室  2017年6月1日 更新  ]

市長が語る~西脇市のまちづくり~

 関西学院大学と西脇市とは、活力ある地域社会の形成と、大学の教育、研究に寄与することを目的として、平成28年3月に包括的な連携協定を締結し、その一環として、平成28年度から総合政策学部「都市財政論」の科目を活用した連携授業を実施しています。
 連携授業は本年度で2年目となります。昨年度に引き続き、カリキュラムの一部として、次のとおり西脇市の片山象三市長が学生を前に講演を行います。

⑴ 日時
6月9日(金)11時10分~12時40分 ※第2時限

⑵ 場所
関西学院大学神戸三田キャンパス Ⅱ号館 201教室

⑶ 講演の内容(予定)
片山市長が、西脇市のまちづくりをはじめ、市長になったきっかけなどを学生に話します。(聴講学生:100~200名程度。昨年度は約200名が聴講)
なお、本講演については、連携授業の科目である「都市財政論」と、同時限に実施している「居住環境論」の合同授業という位置付けで実施します。