法学部1年生が集結!スピーチコンテスト

[ 編集者:広報室  2017年7月4日 更新  ]

初年次必修科目「スタートアップ演習」の集大成

 

 法学部1年生の代表者14名によるスピーチコンテストが7月3日、西宮上ケ原キャンパスの中央講堂で開催されました。
 このコンテストは法学部の初年次必修科目「スタートアップ演習」の集大成として実施され、全クラスから選抜された代表14名が「私は今後法学部でこのように学んでいく」をテーマに2分のスピーチを披露し、その内容や伝え方を競いました。

 

 代表14名は、約700人の観衆を前に本番前は緊張した様子でしたが、本番を迎えると全員が見事なスピーチを披露。法律を通じて視野を広げる、幅広い知識と経験を身につけて公務員をめざす、海外留学や国際ボランティアなどを行い世界に貢献できる力を身につけるなど、目標や考えを自分の言葉で堂々と話しました。

 

 審査委員長を務めた伊勢田道仁・法学部教授は「全員が見事なスピーチで終始聴き入りました。誰がグランプリに選ばれてもおかしくない審査結果でした。1年生のみなさんには、これからの大学生活で話し方、伝え方を大切にすると同時に、確かな『中身』を身につけてください」とメッセージを送りました。
 スピーチコンテストの司会進行や運営は、すべてラーニング・アシスタントの先輩学生らが行い、舞台の照明や音響にもこだわった演出を行いました。