卒業生へメッセージ広告 ~卒業式に合わせて新聞・車内吊り広告を掲出~

[ 編集者:広報室  2016年3月18日 更新  ]

 関西学院大学は、卒業生へ向けて「今日、関西学院大学を卒業するあなたへ。」と題したメッセージを新聞広告や阪急電車の車内吊り広告に掲出しました。

 阪急電車の車内吊り広告は、大学院学位記授与式(3月17日)と大学卒業式(3月18日)に合わせて今津線(3/17~18)・神戸線・宝塚線・京都線(3/17~20)の一部に掲出しています。
 また、新聞広告は、3月18日に朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞(大阪本社版)にメッセージ広告を掲載しました。
 各紙ごとに異なる広告展開や4パターンある車内吊り広告をお楽しみください。

『今日、関西学院大学を卒業するあなたへ。』

学び篇(朝日新聞広告・車内吊り広告)

クリックで拡大画像を表示
朝日新聞広告イメージ

朝日新聞広告イメージ

広い視野を持つこと。
それは他でもなく、自分を持つということだ。
多くを知ることで見えてくる揺るがない軸。
これを持つか否かで、未来は大きく変わる。
この場所で学び感じた一つひとつがかけがえのない軸となり
いつか、夢に向かってあなたを突き動かす日がくるだろう。
羽ばたけ、世界市民。

精神篇(読売新聞広告・車内吊り広告)

クリックで拡大画像を表示
読売新聞広告イメージ

読売新聞広告イメージ

人は、感情的な生き物だ。
幸せに満たされることもあれば、孤独に打ちひしがれることもある。
困難なときほど人のために、世界のために力を尽くしてほしい。
今日まで磨き続けてきた Mastery for Service の精神を胸に。
あなたが思う未来を、切り拓くのだ。
羽ばたけ、世界市民

絆篇(日本経済新聞広告・車内吊り広告)

クリックで拡大画像を表示
日本経済新聞広告イメージ

日本経済新聞広告イメージ

卒業とは、船出だ。
一人で舵をきり、大海原を進む。
ときには、社会の荒波に先が見えなくなることもあるだろう。
信じてほしい。
ここから旅立ったすべての先輩が、光となって道を示してくれる。
関西学院大学という母港を信じて、迷うことなく進めばいい。
羽ばたけ、世界市民

集い篇(車内吊り広告)

クリックで拡大画像を表示
車内吊り広告イメージ

車内吊り広告イメージ

雨あがりに光る時計台。
新緑の芝生に広がる笑い声。
講義中の仲間の横顔。
たくさんの想いが交差するこの場所で、
あなたはいろいろな価値観と出会ったはずだ。
自信をもって、前へ、未来へ。
このキャンパスで見た世界は、限りなく広いのだから。
羽ばたけ、世界市民