関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > スクールモット- 解説

スクールモット- 解説

[ 編集者:総合企画部   2010年12月6日 更新  ]

解説

“… But having become masters we desire not to inflate, and enrich ourselves for our own sake, but to render some useful service to humanity in order that the world may be better for our having lived in it. … Our ideal of the scholar is … (one) whose desire for knowledge is a desire to equip himself to render better service to humanity. …” (C.J.L. Bates『商光』1915)

Kwansei Gakuin’s school motto, “Mastery for Service,” was proposed by the fourth Chancellor,Dr. C.J.L Bates. Since being first introduced in 1912, it has been sung in the school song,“Sora no Tsubasa,” was carved into the emblem on the University Library Old Building clocktower, endured war and campus disputes, and continues to be repeated to the present day as a truly descriptive expression of Kwansei Gakuin’s stance.
A “master” usually means someone who directs or commands others, but at our school, it means a person who, in terms of humanity, learning, and daily life, has an accomplished character, or as Dr. Bates said, is a “Self-Master.” From that base, “service” is understood, in our school’s Christian context, as “service to God,” the starting point for a life dedicated to serving neighbors, society, and others.
A way of life that is devoted to creating a better world by utilizing one’s inalienable gifts; that is the ideal that we members of Kwansei Gakuin continue to seek as we sing in the school song,“Shining freedom, Mastery for Service.”


「・・・しかし私達が主たらんと欲する真の意味は、自分の一個の富を求めるためではなくて、それによって世に仕えるためなのである。私達は広い意味における人類の僕たらんことを期しているのである。・・・知識を求めるのは、単に知識のために求めるのではなく、まして名誉のためではなくて、人類に対してよりよき務をなすことができるものとして、自らに備えんがため、これをなすような者でなければならない。・・・」
(原文はC.J.L.ベーツ『商光』1915 年、日本語訳は『関西学院七十年史』1959 年)

 関西学院のスクールモットーである“Mastery for Service”は、第4代院長(初代高等学部長そして初代大学学長)である、ベーツの提唱によるものです。それが最初に紹介された1912年以後、校歌『空の翼』に歌われ、時計台のエンブレムに刻まれ、戦争や学生紛争の時代を越えて、関西学院の姿勢を端的に言い表すものとして今も繰り返し語られています。
 マスターとは普通主人を意味しますが、関西学院では人間性、学び、生活においても完成された人格、ベーツの言葉でいう「Self-Master=自主」である人を意味します。サービスは、それをもとに関西学院のキリスト教主義的な理解では「神への奉仕」を原点として隣人、社会、他者に仕えて生きる人間のあり方を示すものです。
 自らに与えられた人間的な豊かさ、それを自らが何ものにもとらわれないで、よりよき社会を創造するためにささげ用いてゆく生き方、それが「輝く自由、Mastery for Service」と関学人が歌い上げる私たちが求め続ける姿なのです。

(関西学院 新基本構想 資料編)

このページの先頭に戻る