2016年3月5日(土)
<シンポジウム>ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム「いま、わたしたちに必要なオープンイノベーションとは」

[ 編集者:研究推進社会連携機構       2016年2月5日 更新  ]

【 ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム「いま、わたしたちに必要なオープンイノベーションとは」 】

■日時: 03月 05日 (土)

■場所・開催地:慶應義塾大学三田キャンパス 西館


『感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造』は、文部科学省および科学技術振興機構「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」に採択された、慶應義塾大学、明治大学、関西学院大学、山形大学、情報科学芸術大学院大学、産業技術総合研究所等が連携して推進する研究プロジェクトです。

これまでの万人向けに大量生産された規格品をそのまま受け入れるだけの受動的消費社会ではなく、個人が自らの感性を発揮してものをつくり、それらを使うことで満ち足りた生活を送ることができる「創造的生活者」となり、さらにはインターネットを通じてデジタルものづくりに関する知恵や技法を自由に交換・共有し、連帯を深める「ファブ地球社会」の実現を目指して研究を進めています。

このたび、研究活動の中間報告と国内外のキーパーソンとの交流を兼ね、誰でも参加できる第2回シンポジウムを開催する運びとなりました。前回第1回での招待講演「ユーザーイノベーション:消費者から始まるモノづくりの未来」のテーマを引き継ぎ、「いま、わたしたちに必要なオープンイノベーションとは」を全体テーマとして掲げ、デジタルものづくり分野における市民・大学・企業・政府を横断した試みや、多様な現場への3Dプリンタの設置、個の感性の発揮などについて議論します。

<プログラム>
第Ⅰ部 インクルーシブ・デザイン/感性とデザイン
第Ⅱ部 3Dプリンタのオープンソース展開
第Ⅲ部 知的財産権とビジネスモデル

招待講演:
 ジュリア・カシム(京都工芸繊維大学 教授)
 エイドリアン・ボイヤー(RepRap Ltd)
 マイケル・ワインバーグ(Shapeways, Inc.)

研究報告・ディスカッション:
 松原健二(株式会社 ロングフェロー/COIプロジェクトリーダー)
 村井純(慶應義塾大学/COI研究リーダー)
 長田典子(関西学院大学 理工学部 教授)
 荒川薫(明治大学)
 江渡浩一郎(産業技術総合研究所)
 古川英光(山形大学)
 田中浩也(慶應義塾大学)
 小林茂(情報科学芸術大学院大学)
 渡辺智暁(慶應義塾大学)

☆言  語:日本語・英語(同時通訳レシーバー配布)

☆主  催:感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点
 (文部科学省Center of Innovationプログラム)

☆問い合わせ:ファブ地球社会創造拠点研究推進機構 fabearth@sfc.keio.ac.jp