2017年3月24日(金)
梅田講演会
「新しいエビデンスから見えてきた身体運動を用いた健康の獲得」

  • LINEで送る
[ 編集者:大阪梅田キャンパス   2017年3月2日 更新  ]

【概要】
 健康を維持するためにスポーツやリクリエーションなどの場面において身体運動を用いることは多くあります。これは長年にわたって「心身の健康を維持するためには身体運動が有効である」という多くの研究成果が積み上げられてきた結果です。近年、これまで行われてきた方法に加え、しっかりとしたエビデンスをもとにした運動方法が提唱されています。本講義ではこれらの内容について受講生の皆さんに紹介させていただきます。

■講師:河鰭 一彦 (関西学院大学 人間福祉学部教授)

■定員:80名(先着順)
    ※参加費無料、要申込    
    ※申込方法等の詳細は、末尾のリンクよりご確認ください。

【講師プロフィール】
日本体育大学体育学部武道学科柔道専攻卒業後
日本体育大学大学院体育学研究科体力学専攻修了
日本体育大学助手 大阪薬科大学助手を経て
1993年4月に関西学院大学助手に就任
2002年より教授 現在に至る。

■問い合わせ先:大阪梅田キャンパス(06-6485-5611)

第5回梅田講演会

PDFファイル[ 430.33KB ]