トップページ  >  ご挨拶

ご挨拶

子どもたちのために関西学院ができること

We are KWANSEI!

院長・初等部長 田淵 結

院長・初等部長 田淵 結


幼稚園から大学・大学院、さらにインターナショナルスクールをも擁する関西学院(Schools of Kwansei)のなかで、初等部はとても大切な役割を期待されています。
将来のグローバルリーダーとして活躍しうる、「Mastery for Serviceを体現する世界市民」となるための確かな学びと成長がここから始まります。
宝塚キャンパスをベースにしつつ、関西学院の他の6つのキャンパス、さらに千刈(三田市)の野外キャンプ施設など、関西学院のすべてが初等部のためにも開かれています。
それぞれの場で過ごす一人ひとりが“We are KWANSEI!”と声をかけあえる関西学院コミュニティの大切な仲間なのです。

自分の大切さ みんなの大切さ

校長 田近 敏之

校長 田近 敏之

人が生きていく上で大切なものはたくさんあります。
中でも大切にしたいものそれは「自尊感情」ではないでしょうか。
自尊感情とは、自分の存在そのものがどんなに尊いかを知っていることです。
自分の大切さを知っている子は他の人や物を大切にできます。
自尊感情を育むためには人と人との関わり合いが必要です。
関西学院初等部では“Mastery for Service”「世の中のために、人のために」をスクール・モットーに、「行為をなすこと」の大切さを子どもたちが自覚し、自らの生き方の基盤とする営みを行います。それこそが人との関わり合いです。
たくさんの豊かな体験を通じて自分の存在そのものの価値を、そしてみんなの大切さをいっぱい、いっぱい感じてほしい、そんなまなざしに溢れた関西学院初等部です。