募金協力のお願い

images

創立者W.R.ランバスが、神戸市の郊外原田村(現王子公園の一角)に校地を購入し、校舎、学生寮等を建設、1889(明治22)年9月28日、兵庫県知事の許可を受けた日を創立記念日と定めています。授業開始の10月11日、小さな学灯を囲んだのは、W.R.ランバスと5人の教授、19人の学生・生徒でした。
創立時に制定された最初の憲法は、学院の教育目的を「基督教ノ伝動ニ従事セントスル者ヲ養成シ、且ツ基督教ノ主義ニ據リテ日本青年ニ知徳兼備ノ教育ヲ授クルニアリ」と規定しています。「知徳兼備」の原文は Intellectual and religiousとなっており、キリスト教に基づく高邁な全人教育の理想が読みとれます。
W.R.ランバスが神戸・原田の森に蒔いた、一粒の種「関西学院」は、21世紀を迎え「西宮上ケ原」「神戸三田」「大阪梅田」「東京丸の内」「宝塚」「西宮聖和」「千里国際」の7つのキャンパスに、幼稚園、初等部、中学部、高等部、千里国際中等部、千里国際高等部、大阪インターナショナルスクール、聖和短期大学、大学(11学部)、大学院(12研究科)、専門職大学院(2研究科)を擁し、学生・生徒・児童数約28,000人の大きな樹木に成長いたしました。そして今も創立者の壮大なビジョン、熱いベンチャー精神、清冽な愛と奉仕の献身は、関西学院の力の源泉です。
2010年には国際学部の開設に加え、大阪インターナショナルスクール・千里国際中等部高等部を擁する千里国際学園との法人合併、2014年度には関西学院高等部がスーパーグローバルハイスクールとして指定、また、関西学院大学も2015年度のスーパーグローバル大学創生支援事業に採択されるなど、関西学院の強みである「国際性」をさらに高め、「世界市民」の育成に力を入れてまいります。
しかし、少子化に伴う大学全入時代、国庫助成の減少、変化の著しい社会情勢など、関西学院を取り巻く環境は急速に競争的で厳しいものとなっております。
このような状況のもと、関西学院らしい教育と研究を発展させるための長期的計画を進める大きな力となるのは、みなさまからの寄付金です。みなさまからこれまでにご支援いただいたご寄付によって、関西学院は発展してまいりました。
みなさまのこうした温かいお力添えに心から感謝いたしますとともに、誠に心苦しい限りですが、関西学院の発展のために、より一層のご協力を賜りますようお願い申しあげます。
みなさま方、お一人おひとりのご苦境をわきまえておらぬ場合もあるかと存じます。その時にはどうか失礼の段御寛恕くださいますようお願い申しあげます。