関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 高等教育推進センター HOME > 2017年のイベント情報 > FD講演会 LMS利用における著作権の考え方

2017年6月30日(金)
FD講演会 LMS利用における著作権の考え方

[ 編集者:高等教育推進センター   2017年5月23日 更新  ]

【 2017年度 FD講演会 】

■日時: 06月 30日 (金) 17時 10分  ~  18時 40分

■場所・開催地:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 関西学院会館


講演者 :隅谷 孝洋氏<広島大学 情報メディア教育研究センター准教授>

対象者 :大学教職員

開催趣旨:著作物を複製等で利用する際には、原則として著作権者の了解(許諾)を得る必要が
     あります。しかし、営利を目的としない教育機関においてはその公共性から、学校に
     おける例外措置として、著作権者の了解を得ることなく一定の範囲で著作物を自由に
     利用することができ、それを踏まえた上で授業の中で教材を提供する必要がありま
     す。

     また、教育の情報化が進むなか、LMS(Learning Management System)を使用
     して教材を配布することが一般化してきていますが、LMSでの教材配布は著作権法に
     おける「公衆送信」にあたることから、通常の授業では複製が許されている教材で
     あってもLMS上では配布できない場合があります。実際に著作権処理を行うとなる
     と、手続き処理等で授業担当者の負担もけして軽くはありません。

     本講演会では、広島大学情報メディア教育センターの隅谷准教授にお越しいただき、
     実際の著作権の処理、文化庁文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会で
     の議論の内容などについてご講演いただきます。反転授業や遠隔授業、オンデマン
     ド授業、OCWやMOOCで使用する場合の考え方、補償金制度などについても触れて
     いただきます。

     大学の現場で教材をどのように準備するか、また、教育の情報化を進める中で、こ
     の問題についてどのような点に注意し、どのような方向性で解決していけばよ
     いか、理解を深める機会になればと思います。


申込方法:HighEdu[at]kwansei.ac.jp へ、件名を「FD講演会」として、
     以下の項目をご入力の上、お申し込みください。
     申込締切:6月23日(金)
      ①お名前
      ②所属大学
      ③E-mailアドレス

     ※個人情報は厳重に管理し、本講演会の運営管理のためにのみ利用いたします。

問合わせ先:関西学院大学 高等教育推進センター (担当:森本・佐永田・山田)
      TEL:0798-54-7420
          
参加費:無料

このページの先頭に戻る