関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 高等教育推進センター HOME > これまでの教育改善・FDへの取組

これまでの教育改善・FDへの取組

[ 編集者:高等教育推進センター   2012年11月19日 更新  ]

 関西学院大学では、これまで一貫して教育の質的向上と改善に取り組んできました。その中核となるFD(Faculty Development)は「教員が授業内容・方法を改善し、向上させるための組織的な取り組みの総称」とされ、その実施は大学設置基準において2008年4月から義務化されましたが、本学ではそれ以前から、すでに様々なFD活動を行なっています。また2009年度を起点として策定された「関西学院新基本構想」においても、「教育の質の保証」を最重点課題の一つとしており、今後も全学をあげて教育の改善に取り組んでいきます。

セミナー・研修会

これまで開催した教育改善・FDに関連するセミナー・研修会の概要をご紹介します。

講演会

これまで開催した教育改善・FDに関連する講演会の概要をご紹介します。

FD活動報告

各学部・センター等で実施したFD活動についてご紹介します。

学生による「授業に関する調査」

本学で実施しています「学生による『授業に関する調査』」の概要をご紹介します。

このページの先頭に戻る

新モバイルサイト公開

NTTドコモ、au、SoftBankのスマートフォンに対応しています。

関西学院大学公式モバイルサイトQRコード

http://mobile.kwansei.ac.jp/