留学と就職


[  編集者:国際教育・協力センター     2015年4月8日 更新  ]

関西学院大学では、学生の皆さんが就職活動に臨むにあたり、個人面談をはじめとして様々なサポートプログラムを準備しており、その多くは3年次からスタートすることになります。
また、以下のように留学経験者を対象としたプログラムも準備しています。留学前や留学中、帰国後に活用できるサポートおよび、留学経験と就職の関係性について紹介します。

サポートについて

日本企業は、国内の人口減少などを大きな課題と捉え、事業のグローバル化を強力に推進しています。グローバル展開を推進できる優秀人材を強く求めている企業が多いため、そのような企業を志望する場合には、留学経験をPRすることが有効です。但し、企業が留学経験者に求めるものは単に語学力だけではありません。異文化経験を通して広い視点・考え方、課題発見・提案・解決能力を培っていることを期待しています。

《企業の採用担当者が、皆さんの経験の中で感心を持つポイントは以下の通りです。》
○なぜ留学しようとしたのか(留学の目的)
 「語学習得」は、誰でも言うことができます。留学に行って何をしたかったのか、どのような成長を目指したのか、皆さんの考えが問われます。
○留学中の自分だけの経験
 留学中にどのようなことを考えて、取り組んでいったのか。自分なりの工夫、プロセスはどのようなことか。結果として何を得たのか。皆さんの判断基準や行動姿勢を見られます。
○留学後はどのように考え、行動しているか
 留学を経験したことにより、留学後の学生生活において、どのように考え・行動が変化したか。卒業後の目標・やりたいことは何か。皆さんが、留学経験を通じて培ったもの(向上心など)を確認されます。
○異文化理解や多様な価値観の受容
 急速にグローバル化する社会の中で、世界各国の人々と仕事をする機会が増大しています。そのため、企業は、ダイバーシティ(多様性)を掲げながら、外国人を始め、様々な背景を持つ方を採用しています。留学経験では、皆さんが世界各国の多様な人々と接して、どう感じたか・考えたかが問われます。

◆留学経験や語学力そのものではなく、「留学経験をどのように活かそうとしているか」という姿勢が評価されることを認識しておいてください。

留学経験と就職について

キャリアセンターでは留学経験者を対象とした以下のようなプログラムを実施しています。

◆留学前
 ・「留学経験者に対して社会が期待すること」、「留学経験を持つ社会人や先輩学生からのアドバイス」、「留学中における就職活動に向けた心構え」などを聞くことができるセミナーを開催。

◆留学中
 ・関学生専用「KGキャリアナビ」を通じて、3年生を対象としたキャリアガイダンスや企業セミナーなどの動画を配信。また、「KGキャリアナビ」では、各企業の情報や、先輩の就職活動体験談なども閲覧可能です。
・帰国後の就職活動に関する有益情報(各種就職イベント案内等)に関して、お知らせ情報をメールで提供しています。
※海外で開催される民間就職情報サイト主催のキャリアフォーラムに参加することで、企業へアプローチをすることもできます。また留学先でもインターネットを活用して企業へのエントリーが可能です。

◆帰国後
 ・帰国後もすぐに就職活動のサポート(企業説明会の情報提供や今後いつ何をすれば良いかの説明等)を受けることができます。
 ・留学経験を振り返り、その後の学生生活を充実したものにするためのセミナーを開催。