home> 海外留学から帰国された方> 帰国後の手続き

帰国後の手続き

  • LINEで送る

[  編集者:国際教育・協力センター     2015年1月16日 更新  ]

交換留学・認定留学・ダブルディグリー留学

留学から帰国したらすぐに、所属学部事務室および国際教育・協力センター(CIEC)へ帰国の報告をして下さい。留学期間の定期試験終了後、すみやかに帰国してください。そのまま滞在を延長することはできません。

提出先 提出物 説明
所属学部事務室  帰学届 帰国後すぐに提出して下さい。
単位認定願 事前に所属学部事務室に手続き方法について確認を取って下さい。
CIECは、留学先大学から成績証明書が届き次第、学部に回付します。
国際教育・協力センター  CIECへ帰国報告 CIEC事務室へ来室し、帰国リストにサインをして下さい。
交換留学報告書 *様式:A4、Word文書(1800字以内)
*内容:交換留学の総括
*提出締切:帰国後2週間以内(締切厳守)
*提出先:http://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/c_ciec_m_000627.htmlから入力 

奨学金を受給していた学生は下記の手続きも必要です。

奨学金名 提出物 説明
JASSO奨学金 
*提出締切:帰国後2週間以内 
*提出先:様式H-2はCIEC事務室に提出、様式H-3はsubmit[@]kwansei.ac.jpへ送信([@]を@に変換してください)
支給対象者修了報告書(様式H-2)並びに短期派遣状況調査票(様式H-3) *様式:規定様式(受給者に別途送付) 
*内容:規定様式参照のこと 
*様式H-2については最後に本人自筆署名を記載して下さい。
佐伯海外留学支援奨学金 
*提出締切:帰国後2週間以内 
*提出先:お礼の手紙を便箋に手書きの上、封をしてCIEC事務室に提出 
佐伯千恵子様へのお礼の手紙 佐伯様のご寄付を基に設立されたため、感謝の気持ちを忘れずどのような留学生活を送ったのか等について記入したお礼状。
学習成果に関する報告レポート 交換留学報告書の提出をもって置き換えます。
交換留学奨学金 
*提出締切:帰国後2週間以内
学習成果に関する報告レポート 交換留学報告書の提出をもって置き換えます。

※健康診断について
関学では4月に定期健康診断を実施しています。この期間に留学中の学生は帰国後、保健館で健康診断を受けることができます(費用免除)。CIECへ帰国報告しに来られた際に、留学期間証明書をお渡ししますので、受領後必ず健康診断を受診して下さい。

英語中期留学

TOEFL ITP受験について
英語中期留学参加者は帰国後、TOEFL ITPの受験が必須です。受験申し込み手続きは全て国際教育・協力センターで行います。試験の日程の詳細は、留学期間中にメールでお知らせします

解散式・報告会について
帰国後、解散式・報告会を実施します。全員参加が必須となっています。日程の詳細は、留学期間中にメールでお知らせします。

健康診断について
関学では4月に定期健康診断を実施しています。春学期英語中期留学に参加した場合、この期間に留学中となるため学生は帰国後、保健館で健康診断を受けることができます(費用免除)。帰国後解散式の際に、留学期間証明書をお渡ししますので、受領後必ず健康診断を受診して下さい。

フランス語中期留学

解散式・報告会について
帰国後、解散式・報告会を実施します。全員参加が必須となっています。日程の詳細は、留学期間中にメールでお知らせします。

海外インターンシップ

解散式・報告会について
帰国後、大学コンソーシアムひょうご主催の報告会を実施します。報告会への参加は必須となっています。また別途、関西学院大学主催の報告会も実施します。こちらは代表者1~2名が次年度参加希望者に向けて発表するものです。それぞれ日程の詳細は、留学期間中にメールでお知らせします。