関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 教務機構 HOME > K.G.ライフワークスクール(2016年度 後期)

K.G.ライフワークスクール(2016年度 後期)

  •         

[ 編集者:教務機構   2017年2月10日 更新  ]

K.G.ライフワークスクール

K.G.ライフワークスクールとは

「ライフワーク(lifework)」は「一生の仕事」というのが本来の意味ですが、「仕事」に限らず、自分の時間を使って熱意・情熱を傾けて取り組む「やりたいこと」や「大好きなこと」も私たちは「ライフワーク」だと考えます。そしてその意味での「ライフワーク」は、時にまわりと分かち合いながら自分らしさの表現にもつながるものです。
 「K.G.ライフワークスクール」は、学ぶことの重要性やおもしろさを感じていただけるような知的な講座をご提供し、あわせて皆さまそれぞれの「ライフワーク」に気づくきっかけになったり、それにつながっていく出会いの場となったり、新たな行動を起こすことができたりするようなプログラムとなることを願っています。

◆会 場:本学 大阪梅田キャンパス(大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー内)
◆お問い合わせ:0798-54-6180(平日9:00~16:30)

   

Hコース 人の「こころ」を診る ―認知行動心理学を基礎として― 全6回

環境、欲求、行動、認知、情動、制御、協調の7領域から心の働きを歪める要因を分析し、色々な適応問題に打ち勝つ生活の術を考えたい。板書を中心に講義するので、よいノートをとってほしい。

※2012年度後期K.G.梅田ゼミ・2014年度後期K.G.ライフワークスクールでの同講師の講座と内容が一部重複しています。

日 程 : 10月14日(金)~11月18日(金)
時 間 : 11:10~12:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 宮田 洋(関西学院大学名誉教授・元文学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 9月26日(月)


<日程・テーマ>
第1回 10月14日(金)環境系と欲求・目標系
第2回 10月21日(金)反応・行動系
第3回 10月28日(金)情報処理・認知系
第4回 11月 4日(金)ストレスと情動系 
第5回 11月11日(金)心にかかる制御系
第6回 11月18日(金)社会的協調系・まとめ

★ Hコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Iコース フランス語の表現感覚 ―イメージと現実、そして仮定の世界― 全6回

適切な表現を選ぶ感覚を養うために、問題を解いたり実例を検討したりしながら、接続法と直説法の使い分けや架空の状況を仮定するしくみを見ていきます。(初・中・上級の方も教員も歓迎)


日 程 : 10月17日(月)~11月21日(月)
時 間 : 11:10~12:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 曽我 祐典(関西学院大学名誉教授・元文学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 9月26日(月)


<日程・テーマ>
第1回 10月17日(月)行為のイメージと時期:接続法と直説法
第2回 10月24日(月)siで設定する状況とそこにある事態
第3回 10月31日(月)なさそうな状況・反実の状況と帰結の事態
第4回 11月 7日(月)相手を尊重する姿勢とことばづかい
第5回 11月14日(月)実例に即して構文・時制を考える
第6回 11月21日(月)実例を検討して表現法の理解を深める

★ Iコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Jコース カウンセリングに学ぶ人間関係:そのⅢ ―事例研究と新しい指導の仕方― 全6回

カウンセリングを日常生活にどう結びつけ、どうやって指導や養成に役立てるかを取りあげる新しいシリーズです。パーソナリティー、対人関係、そして指導方法について勉強します。


日 程 : 10月20日(木)~12月1日(木)
時 間 : 11:10~12:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 武田 建(関西学院大学名誉教授・元社会学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 9月29日(木)

<日程・テーマ>
第1回 10月20日(木)幼い時の親子関係は今でも生きている
第2回 10月27日(木)エリクソンの発達段階+バイステックの7原則
第3回 11月10日(木)臨床カウンセリングと日常生活での交わり
第4回 11月17日(木)日常生活に使える心理学(やさしい行動理論)
第5回 11月24日(木)経験の多い人が経験の少ない人をどう指導するか:その1
第6回 12月 1日(木)経験の多い人が経験の少ない人をどう指導するか:その2

★ Jコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Kコース 平家物語の終り方 ―3つのバージョンを巡って― 全10回

平家物語の冒頭はすべて「祇園精舎」からですが、終り方は同じではなく、3通りあります。この3つの終局を取り上げ、この物語の意味するところに考察のメスを加えます。成立過程と作者たちの問題は今後の課題として残ります。


日 程 : 10月26日(水)~2017年1月18日(水)
時 間 : 11:10~12:40
受講料 : 25,000円(同窓生 23,000円)
講 師 : 武久 堅(関西学院大学名誉教授・元文学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 10月5日(水)

<日程・テーマ>
第1回 10月26日(水)十郎行家の末路
第2回 11月 2日(水)六代、父の足跡をたどる
第3回 11月 9日(水)大原御幸
第4回 11月16日(水)女院の六道語り
第5回 11月30日(水)平氏残党刈り
第6回 12月 7日(水)平氏残党の道心
第7回 12月14日(水)文覚と後鳥羽院の対立
第8回 12月21日(水)六代の斬られ(八坂系の末尾)
第9回  1月11日(水)2つの女院死去(覚一本の末尾)
第10回  1月18日(水)後白河崩御と頼朝天下掌握(延慶本の末尾)


★ Kコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Lコース ドイツ文化探訪の旅(その5) ―古都ウィーンの文化を愉しむ― 全6回

旧ハプスブルク帝国の首都ウィーンはドイツ語圏最大の文化遺産を誇る古都です。その街に花咲いた芸術、文学、建築などの紹介を行います。

※2014年度前期K.G.ライフワークスクールでの同講師の講座と内容が一部重複しています。

日 程 : 11月11日(金)~12月16日(金)
時 間 : 15:10~16:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 鎌田 道生(関西学院大学名誉教授・元文学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 10月24日(月)

<日程・テーマ>
第 1回 11月11日(金)ウィーンの街の発展
第 2回 11月18日(金)ドナウ二重帝国から世紀末へ
第 3回 11月25日(金)世紀末の絵画 クリムトを中心に
第 4回 12月 2日(金)ウィンナーオペレッテを聞く
第 5回 12月 9日(金)ユーゲント・シュティール(アール・ヌーヴォー)の建築紹介
第 6回 12月16日(金)無意識とは何か フロイトの心理学と文学

★ Lコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Mコース 旧約聖書の歴史作品について 全6回

ヨシュア記、士師記、サムエル記、列王記は「申命記史書」と言われ、歴史的関心から編集された作品である。ここに記されている古代イスラエルの王国時代の歴史と人物について学ぶ。

※今回の講座は初めて受講される方を対象としています。2013年度前期K.G.梅田ゼミでの同講師の講座と内容が重複しています。

日 程 : 2017年1月10日(火)~2月28日(火)
時 間 : 15:10~16:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 樋口 進(関西学院大学大学院神学研究科講師・
           元キリスト教と文化研究センター教授)
定 員 : 30名
募集締切: 12月20日(火)

<日程・テーマ>
第1回 1月10日(火)申命記史書とヨシュア記について
第2回 1月17日(火)士師記について
第3回 1月24日(火)サムエル記について①
第4回 2月14日(火)サムエル記について②
第5回 2月21日(火)列王記について①
第6回 2月28日(火)列王記について②

★ Mコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Nコース 子どもの育ちに目を向けて ―子どもの可能性をひきだすために― 全6回

今回は、子育て真っ最中のお母さん方を対象に講義を進めます。乳児期と幼児期にはそれぞれ特徴があり、その内容を学ぶとともに親としての対応や援助のあり方を学びましょう。

※2014年度・2015年度K.G.ライフワークスクールでの同講師の講座と内容が一部重複しています。


日 程 : 2017年1月18日(水)~3月1日(水)
時 間 : 15:10~16:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 島田 ミチコ(関西学院大学名誉教授・元教育学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 12月20日(火)

<日程・テーマ>
第1回 1月18日(水)3歳までに大切にしたいこと
第2回 1月25日(水)自律と自立
第3回 2月 8日(水)子どもの敏感期
第4回 2月15日(水)知性は運動を通して発達する
第5回 2月22日(水)フレーベルの教育遊具(恩物)
第6回 3月 1日(水)モンテッソーリ教具の理論

★ Nコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Oコース イエスの死と復活 ―マタイの受難・復活物語を読む― 全6回

マタイ福音書26~28章のイエスの受難・復活物語を題材として取り上げ、物語全体を講読すると共に、キリスト教の原点となった「イエスの復活」(イースター)の意義について考えていきます。

日 程 : 2017年2月13日(月)~3月27日(月)
時 間 : 15:10~16:40
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 嶺重 淑(関西学院大学人間福祉学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 2017年1月23日(月)

<日程・テーマ>
第1回 2月13日(月)オリエンテーション、受難への序曲 
第2回 2月20日(月)最後の晩餐とゲッセマネの祈り
第3回 2月27日(月)イエスの逮捕と最高法院での裁判
第4回 3月 6日(月)ピラトの尋問とイエスへの死刑判決
第5回 3月13日(月)イエスの十字架上での死 
第6回 3月27日(月)イエスの復活と弟子たちへの宣教命令        

★ Oコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

Pコース 人生を豊かにする心理学 ―ことわざ・格言の心理学(6)― 全6回

今回も、人間の心や行動に関わりのある「ことわざ」を取り上げ、その正当性を実験心理学の立場から明らかにする。これまでの講義内容については拙著『ことわざと心理学』(有斐閣)を参照。

日 程 : 2017年2月16日(木)~3月23日(木)
時 間 : 13:30~15:00
受講料 : 15,000円(同窓生 13,800円)
講 師 : 今田 寛(関西学院大学名誉教授・元文学部教授)
定 員 : 30名
募集締切: 2017年1月26日(木)

<日程・テーマ>
第1回 2月16日(木)出る杭は打たれる(社会心理学) 第1回
第2回 2月23日(木)出る杭は打たれる(社会心理学) 第2回
第3回 3月 2日(木)三つ子の魂百まで(遺伝・環境) 第1回
第4回 3月 9日(木)三つ子の魂百まで(遺伝・環境) 第2回
第5回 3月16日(木)よく学び、よく遊べ(発達心理学) 第1回
第6回 3月23日(木)よく学び、よく遊べ(発達心理学) 第2回

★ Pコース 参加お申し込み(9月16日 9:00~)は こちら

お申し込み方法

申込期間:2016年9月16日(金)9:00~ ※締切日はコースにより異なります。

以下いずれかの方法にて、お申し込みください。

●Web(このホームページ内のリンクから)
各コースのご案内の下部にある「★ ○コース参加お申し込みはこちら」をクリックし、表示される申込フォームに必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。

●FAX
受講申込書(リーフレットに付属もしくはホームページに掲載している専用用紙)にご記入のうえ、関西学院大学教務機構事務部にFAXで送信してください。
(FAX.0798-54-6190)

お申込上の注意

コースごとに募集締切日を設けていますので、ご注意ください。
・お申込み数が定員を超過した場合は、抽選によって決定させていただきます。
・お申込み数が定員を大きく下回った場合等は、不開講となることがあります。
・お申込み数が定員に達していないときは、募集締切日以降もお申込み可能な場合があります。

お申し込み後のお手続等について

・受講料振込用紙と受講に関する「講座のご案内」を、原則として募集締切日の翌業務日に発送します。
・受講料振込用紙到着後、入金締切日までに受講料をお振り込みください。
・原則としてご入金後のご連絡はいたしません。「講座のご案内」をご確認いただき、受講料の領収書をお持ちのうえ、当日直接教室にお越しください。
・一旦納入された受講料は、原則として返金できません。
・受講料には教材費が含まれます。ただし、フィールドワーク等が含まれる場合にはご案内のうえ、別途、実費をいただきます。
・都合により講座スケジュール等を変更させていただく場合があります。
・講座運営上支障のある場合はご受講をお断りする場合があります。

お問合わせ

関西学院大学教務機構事務部 〒662-8501 西宮市上ケ原一番町1-155
TEL.0798-54-6180 FAX.0798-54-6190
電話 平日 9:00~16:30

このページの先頭に戻る