関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 教務機構 HOME > オープンセミナー

オープンセミナー

  •         

[ 編集者:教務機構   2016年7月21日 更新  ]

2016年度 関西学院大学秋季オープンセミナー(公開講座)募集要項

<西宮上ケ原キャンパス講座>【西宮市・宝塚市教育委員会後援】 シリーズ:くらしの中の心理学―生活場面における人間の行動とこころ―

定員:400人、先着順で定員になり次第締め切ります。

◇10月 1日(土) 10:00~12:00  B号館101号教室

テーマ:親と子どもの心理学
講 師:文学部 教授  桂田 恵美子

◇10月15日(土) 10:00~12:00  B号館101号教室

テーマ:対人コミュニケーションの心理学
講 師:文学部 教授  三浦 麻子 

◇10月29日(土) 10:00~12:00  B号館101号教室

テーマ:ことわざに見る心理学
講 師:名誉教授  今田 寛

★ 西宮上ケ原キャンパス講座 参加お申し込み(8月25日 9:00~)は こちら

<神戸三田キャンパス講座>【三田市共催】 シリーズ:東アジアのことばと社会―台湾・香港・シンガポール―

定員:180人、先着順で定員になり次第締め切ります。

◇9月17日(土) 10:30~12:30  キッピーモール6F 三田市まちづくり協働センター多目的ホール

テーマ:移民社会から香港人意識へ―ことばを通して社会の変遷をたどる―
講 師:法学部 教授 大東 和重

◇9月24日(土) 10:30~12:30  キッピーモール6F 三田市まちづくり協働センター多目的ホール

テーマ:多民族国家シンガポールの希望と憂鬱―複数のことばを用いる社会とは―
講 師:法学部 教授 大東 和重

◇10月22日(土) 10:30~12:30  キッピーモール6F 三田市まちづくり協働センター多目的ホール

テーマ:ことばの宝島めぐり―台湾、琉球諸島における言語と社会の諸相―
講 師:法学部 教授 オストハイダ テーヤ

★ 神戸三田キャンパス講座 参加お申し込み(8月25日 9:00~)は こちら

<大阪梅田キャンパス講座>【大阪府後援】 シリーズ:世界の難民危機と急激な人口変動に直面するアジアと日本

定員:90人、先着順で定員になり次第締め切ります。

◇10月 5日(水) 11:00~13:00  大阪梅田キャンパス1405号教室

テーマ:グローバルなリスクと難民問題―欧州の現状とアジアの対応―
講 師:経済学部 教授 井口 泰

◇10月12日(水) 11:00~13:00  大阪梅田キャンパス1405号教室

テーマ:アジアの経済統合と人口変動―日本の外国人政策の挑戦―
講 師:経済学部 教授 井口 泰

★ 大阪梅田キャンパス講座 参加お申し込み(8月25日 9:00~)は こちら

申込方法

受講料:無料

申込期間:2016年8月25日(木)(Webによる申込は9:00)~ ※定員になり次第受付終了(先着順)

以下いずれかの方法にて、お申し込みください。
※本学学生は申込不要です。当日、受付で学生証を提示してください。

●Web(このホームページ内のリンクから)
各講座のご案内の下部にある「★ ○○講座参加お申し込みはこちら」をクリックし、表示される申込フォームに必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。
※お申し込みされた際に受講のご案内が自動的にメールで届きます。

●往復葉書
お一人につき1講座1枚往復葉書をご用意のうえ、希望講座名(「西宮上ケ原キャンパス講座」「神戸三田キャンパス講座」「大阪梅田キャンパス講座」のいずれか)・住所・氏名・氏名フリガナ・電話番号をご記入の上、下記申込先までお申し込みください。
※シリーズで1枚の往復葉書で結構です。
受講のご案内は9月2日(金)以降順次お送りします。(1回のみのご参加でもお申し込み可能です)。

申込および問い合わせ先

関西学院大学教務機構事務部 オープンセミナー係
662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
TEL.0798-54-6180

ご案内

<西宮上ケ原キャンパス:兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155>
阪急神戸線「西宮北口」で阪急今津線に乗り換え「甲東園」下車、徒歩12分またはバス5分。 あるいは「仁川」下車、徒歩12分。

<KIPPY MALL キッピーモール:兵庫県三田市>
JR福知山線「三田」下車すぐ。
http://www.skpm.jp/access.html

<大阪梅田キャンパス:大阪府大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階>
阪急「梅田駅」茶屋町口改札口から、北へ徒歩5分。地下鉄御堂筋線「梅田駅」から徒歩7分。「中津駅」から徒歩4分。



このページの先頭に戻る